隣のビルでコニーアイランドという喫茶店を開いてからほどなくして、今の場所に移り六曜社は1950年より地下のスペースからスタートしました。
1966年から一階にも店を構えると同時に内装を現状の姿に変えて、そこから今日迄、ネルドリップで淹れるオリジナルブレンドを中心に、街のサロンとして喫茶文化を歩んできました。
今も昔もこれからも、コーヒーを介して過ごす時間を守り伝えて、時代と共に積み重ねていきたいと思っています。